IMEX Job Posting 日経転職版との連携仕様について(求人編)

①連携タイミング

毎日深夜0時より、IMEX側の日経公開ロジックに従って、日経に公開すべき求人をHRBCから全件出力し、日経転職版で更新します。

既に公開済みの求人で、この時点で更新対象になっていない求人も同時に日経転職版から取り下げられます。

※今後は連携頻度を上げていくように改善する予定です。

 

②必須項目

日経転職版における必須項目がございます。

必須項目が埋められていない場合、求人を日経転職版に公開されません。

必須項目はIMEXのマッピング画面で、赤文字で「日経転職版(必須)」と書かれている項目は対象になります。

運用方法としましては、マッピングしたHRBC項目の注釈に「日経転職版必須項目」など追加していただくことをお勧めいたします。

nikkei_jobp1.png 

③文字数制限

日経転職版の文字数制限がございます。

文字数制限を超えた場合、超えた部分は切り捨てされてしまいます。

※日経転職版項目の文字数制限については、日経転職版から提供した仕様書をご確認ください。

 

④求人ID

日経転職版側に求人IDという項目がありますが、HRBCの求人IDは日経転職版では表示されません。

 

⑤年齢制限の連携について

日経転職版はA.年齢下限/年齢上限のセット と B. ターゲットゾーン(年齢)下限/ターゲットゾーン(年齢)上限のセット2種類持っておりますが、HRBCの年齢下限上限はセットB. ターゲットゾーン(年齢)下限/ターゲットゾーン(年齢)上限 に連携しております。

 

⑥職種と勤務地の連携について

日経転職版では1求人につき、メイン職種とメイン勤務地が一つずつしか設けられません。

そのため、HRBC中に複数入力している場合、自動的に求人を分割しております。

 

例:HRBC側は 勤務地:東京/神奈川 職種:IT、営業、経理 が記載されている場合、 

実際に日経転職版で掲載された場合、以下のセットで6求人に分けて掲載されます。

1.東京 IT
2.東京 営業
3.東京 経理
4
.神奈川 IT
5
.神奈川 営業
6
.神奈川 経理

 

⑦業種について

日経転職版では1求人につき、メイン業種が一つしか設けられません。

HRBC中で複数入力している場合、先頭の業種が自動的に選定されます。

 

⑧日経転職版の「雇用形態(ポジション)」項目について

日経転職版では「雇用形態(ポジション)」という項目がございますが、HRBCで専用の項目がないことが多いため、

もしデータが空白の場合、以下の処理とさせていただいております。

※データはHRBC側に持っている場合、それを日経転職版に掲載されます。

 

「雇用形態」項目のデータに基づいて下記のように変換しております。下記図の「固定の処理」の通りです

nikkei_jobp2.png

 

⑨自動求人掲載時のエラー

日経転職版への自動求人掲載時にエラーが起きた場合、エラー箇所はメールにてお客様に通知されます。

※通知先はお客様が日経HRに登録しているアドレスになります。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています