求職者情報の登録

概要

HRBCでは求職者側の情報は「個人連絡先」「レジュメ」の2階層のデータで管理しています。

データ構造の詳細は、HRBC Agent データ構造とメニュー名 - 紹介事業向けまたはHRBC Staffing データ構造とメニュー名 - 派遣事業向けをご確認ください。

求職者情報を登録する場合、1階層目の「個人連絡先」をまず登録し、2階層目の「レジュメ」を登録してください。

 

「個人連絡先」の登録

「個人連絡先」の「新規追加」メニューから開始することもできますが、ここでは「レジュメ」の新規追加画面から画面遷移する方法をご案内します。

まず、「レジュメ」メニューから「新規追加」を選択します。

 

「レジュメ」の新規追加画面内で、「個人連絡先」項目にある「+」ボタンをクリックします。

※項目のレイアウトは任意変更可能なため、画像と異なる場合があります。

 

「個人連絡先」の新規追加画面が表示されますので、必要事項を入力して保存してください。

 

「レジュメ」の登録

「レジュメ」の新規追加画面に戻り、「個人連絡先」項目には1で保存した名前がセットされています。

他の必要項目を入力して保存してください。

 

登録した「レジュメ」を一覧画面で確認したい場合は、「レジュメ」のメニューから「すべてのレジュメ」を選択します。

 

レジュメ一覧画面では、「レジュメタイトル」という項目に登録されている文字をタイトルとして表示します。

「レジュメタイトル」が空白のまま保存されると、「個人連絡先氏名(レジュメID)」の形式で値が自動登録されます。

「レジュメタイトル」にレジュメIDを表示しないようにしたい場合、個人連絡先氏名をコピー&ペーストして登録する等、何かしら値を入力する必要があります。

尚、初期設定では「レジュメタイトル」は非表示項目となっており、新規追加・編集・詳細画面には表示されておりません。

「レジュメタイトル」を任意で編集したい場合は、「レジュメタイトル」項目を表示する必要がありますので、システム管理者の方へご依頼ください。

新規登録時には、重複チェック機能が働きます。

「重複あり」ボタンが表示された場合は、必要に応じて処理を行ってください。

 

登録したレジュメに添付ファイルを添付したり、登録内容をもとに求職者登録票を作成したい場合の操作方法は添付ファイル/帳票作成を確認してください。

 

この記事は役に立ちましたか?
3人中0人がこの記事が役に立ったと言っています