一括削除

削除の順番

一括削除に限らず、データの削除は下位階層から順番に行ってください。

 

関連データがある場合に上位階層のデータを削除しようとするとエラーが発生しますので、下位階層のデータから順に削除してください。

 

削除データの選択

一括削除を行いたい場合、まずは検索を行うか、「すべての企業」などから一覧画面を表示してください。

一覧画面に表示されているデータの中で、削除したいデータにチェックを付けたら「一括アクション」をクリックし、「企業削除」をクリックしてください。

※検索条件に合致するすべてのデータを対象としたり、画面に表示されているデータを対象とすることも可能です。

 

対象範囲の指定

今回は 「チェックされているデータ」を選択し、 「開始する」をクリックしてください。

一括処理の対象範囲について
全件(検索条件範囲内)

検索条件に合致する全てのデータを対象とします。

表示されているデータ

検索条件に合致し、かつ、画面上に表示されているデータを対象とします。

「もっと見る」で隠れているデータは対象外です。

チェックされているデータ

検索結果一覧画面で、チェックボックスにチェックされているデータを対象とします。

尚、一覧画面上部にある「すべて選択」は、現在画面に表示されているデータを選択する機能です。

「もっと見る」で隠れているデータは、選択状態にはなりませんのでご注意ください。

 

「Yes」をクリックすると、一括削除が開始されます。

※削除したデータは復旧できませんのでご注意ください。

 

「OK」をクリックすると画面が閉じられ、一覧画面に戻ります。

 

この段階ではまだ削除実行中のため、選択したデータが表示されています。

一括作業を行うと、画面右上にアイコンが表示され、削除実行中はアイコンがオレンジ色で点滅し、処理が終わると緑色になります。

 

結果確認

アイコンをクリックし「一括処理」をクリックすると、一括処理実行状況の確認画面を開くことができます 。

処理が終わりアイコンが緑になりましたらクリックし、「削除した内容を確認する」をクリックしてください。

slide_8.png

 

別ウィンドウが開き、一括削除結果が表示されます。

削除が失敗した場合は、エラー内容をご確認いただき、原因を解消してから再度一括削除してください。

※下記の場合、企業の関連情報を先に削除する必要があります。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています