BCC設定

メール送信画面のBCCに入れるメールアドレスを予め設定することができます。
設定したBCCメールアドレスは、メール送信画面で自動挿入されます。

設定はシステム管理者が行います。

 

設定メニューからBCCをクリックします。

image_bcc_001.PNG

 

「名前」とBCCに入れたい「メールアドレス」を入力し、「有効」にチェックを入れます。
「ユーザーの削除を禁止」を選ぶと、ユーザーはメール送信画面でこのメールアドレスをBCCから外すことができなくなります。
「保存」をクリックします。

image_bcc_002.PNG

 

設定が保存されます。「+追加」ボタンからBCCアドレスをさらに登録することもできます。
「閉じる」をクリックします。

image_bcc_003.PNG

 

メール送信画面で、BCCメールアドレスが自動挿入されます。
「ユーザーの削除を禁止」と設定した場合は外すことができません。

image_bcc_004.PNG

 

「ユーザーの削除を許可」と設定すると

image_bcc_005.PNG

 

メール送信画面で、自動挿入されたBCCメールアドレスを外すことができます。

image_bcc_006.PNG

 

「ユーザーの入力を禁止」と設定すると、

image_bcc_007.PNG

 

メール送信画面でBccボタンが押せなくなり、ユーザーはBccに入力ができなくなります。

image_bcc_008.PNG

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています