ZLOSS:トラブルシューティング

面談の日程を変更したい、面談をキャンセルしたい。

一度確定した面談の日時は、後から画面上で変更・キャンセルすることはできません。適宜、メールや電話等でご対応いただく必要がございますのでご了承ください。

 

なお、ZLOSS は HRBC Resume のフェーズによってリマインドメールの送付を行っています。そのため、予期せぬ動作をしないように、手動で面談日時を変更した場合は併せてフェーズの変更もお願いいたします。

 

  • 面談日時が変更になった場合:該当するレジュメの面談フェーズ日時を変更してください。
  • 面談がキャンセルになった場合:該当するレジュメの面談フェーズを削除するか、過去の日付に変更してください。(レジュメ自体を削除する必要はありません。)

 

なお、「面談フェーズ」は ZLOSS管理画面 > HRBCフェーズの紐付け > 面談予約が完了した時 で設定されているフェーズです。

 

Google/Microsoftの管理者がHRBCアカウントを持っていない。

Google/Microsoftのカレンダー連携時は、最初の1回だけGoogle/Microsoft管理者が連携作業を行う必要があります。HRBCアカウントを発行する必要はないため、システムアドミニストレーター等がその作業を行う場合は、Google/Microsoft管理者のアカウントでログインできるPC上で、既存のHRBCアカウントを一時的に使い回して、ZLOSS画面から連携作業を行ってください。

 

 

面談担当者が Google Meet に直接参加できない。(参加許可が必要になってしまう。)

1. Google Workspace をご利用ではない(個人アカウントをご利用)の場合

恐れ入りますが、GoogleのAPI仕様上、カレンダーオーナーのアカウントでMeetに入室する必要があります。

面談担当者もカレンダーオーナーにログインできるようにするか、Workspaceご契約のご検討をいただく必要がございます。

 

2. Google Workspace をご利用の場合

面談担当者は Google Calendar のイベントに参加者として招待されますので、そのアカウントでログインしている限り参加許可は必要ありません。(参考資料

Googleの、[クイック アクセス] のオンとオフを切り替えるにはをご確認いただき、カレンダーオーナーのクイックアクセスを有効にしてください。

 

また、面談担当者が普段使いしているGoogleアカウントと、ZLOSSに設定している担当者アカウントが別物になっている可能性がございますので、そちらをご確認ください。

 

blobid0.jpg

 

面談設定がスキップされてしまう

ZLOSS:利用開始/設定の「重複レジュメ対応」の設定に関わる処理です。

応募者の情報が、

  1. すでにHRBCに登録されており
  2. 指定したフェーズに該当する場合

面談設定はスキップされます。1番の条件は固定で決まっており、

  1. メールアドレスの完全一致
  2. 電話番号の完全一致 (電話番号の入力があれば)
  3. 生年月日と氏名の完全一致(生年月日の入力があれば)

となります。

どんな場合でも面談設定をスキップしたくない場合には、すべてのフェーズでスキップしない設定(チェックボックスのチェックを外す)にしてください。

 

Google カレンダーの連携エラーが出る

エラー 400: admin_policy_enforced
アカウント データへのアクセスは組織内のポリシーによって制限されています。

と表示される場合は下記をお試しください。

 

  1. GoogleアカウントがAdminであることを確認する。

https://support.google.com/a/answer/6208960?hl=ja

にアクセスして、「あなたはAdminです」と表示されることを確認してください。

Adminではない場合、Adminアカウントを利用してください。

 

  1. Third Party App の利用制限を解除する。

Google Admin -> Security -> API controls -> Block all third-party API access をオフにしてください。

 

mceclip0.png

 

ここでZLOSSの管理画面をリロードして、Google連携を再度お試しください。解決しなければ3番へ進んでください。

 

  1. ZLOSS のアプリを個別に許可する。

Google Admin -> Security > API Controls > Manage Third-Party App Access > Apps > Configure new app > OAuth App Name Or Client ID を選択します。

 

mceclip1.png

 

ZLOSS で検索すると、ZLOSS (Porters) というアプリが出現します。ZLOSS (Porters) を選択して、表示される OAuth Client ID (44532817….googleusercontent.com) をクリックして SELECT ボタンを押します。App access を Trusted: Can access all Google services にして CONFIGURE を設定します。

 

mceclip2.png

 

ZLOSSの管理画面をリロードして、Google連携を再度お試しください。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています