Web Parts:Google Analyticsの利用

Google Analyticsとは

Google Analyticsとは、Googleが提供するアクセス解析ツールです。

アクセス解析ツールを使うことで、サイト来訪者の行動フローを分析したり、

サイト来訪者に達成してほしい行動(コンバージョン)がどれくらい達成されているかを分析することができます。

アクセス解析とは、必要な情報を分析し、より良いサイトにしていくための手段の一つです。

Google Analyticsの利用開始や詳細については、アナリティクス ヘルプをご確認ください。

※ポーターズでは、Google Analytics自体に関するお問合せは承ることができませんので、ご注意ください。

 

Web Partsでトラッキングできること

多くの人材紹介会社が、求職者獲得のために広告費をかけたり、自社サイトへの誘導施策を検討されている昨今。

サイト全体の施策と合わせて、掲載している求人がどの程度閲覧されているのか、求人を閲覧した内の何%がエントリーしているのかを解析することはとても重要です。

WebPartsは、HRBCと連携して、サイトへ求人掲載やエントリーフォームの設定を簡易的に行えるアプリです。

WebPartsで表示されたページの解析を行うことで、どのような求人が人気があるのか、どのページで離脱率が多いのかなどが分析できるようになります。

※Google Analytics設定ができるのは、有料版WebPartsのみです。無料版では設定できません。

 

トラッキングPage名

WebParts表示画面

Google Analyticsに表示される

Page名

フルモード JOBモード

キャンディデイト

エントリーモード

検索画面

job_search_display

JOB一覧表示後の再検索画面

job_search_modal_display

JOB一覧画面

job_list

JOB詳細画面

job_detail/<job id>

エントリー画面

can_entry_display

JOB一覧表示後のエントリー画面

can_entry_modal_display

エントリー完了後画面

can_entry_result

※◎は最初にトラッキングされるページです

※<job id>には該当JOBのIDである数字が表示されます

※エントリーの成功失敗に関わらず、エントリー後メッセージが表示された場合に「can_entry_result」がトラッキングされます

 

設定方法

Google Analyticsを既に利用開始されていることが前提となります。

タグは、ユニバーサルアナリティクス(analytics.js)のみ利用可能で、従来のGoogleアナリティクス(ga.js)やグローバルサイトタグ(gtag.js)は利用できません。

 

1.Google Analyticsの管理画面から、トラッキングコードを確認

トラッキング情報は、Google Analyticsのアカウントやプロパティ毎に異なります。

wp_ga_1.png

 

2.トラッキングIDをWebPartsのテンプレートに設定

wp_ga_2.png

 

3.トラッキングコードをHTML内に貼り付ける

 ※iframeを利用してWebPartsを埋め込んでいる場合、iframe内にトラッキングコードを貼り付けてください

wp_ga_3.png

 

4.確認する

WebPartsとトラッキングコードを埋め込んだページにアクセスします。

Google Analytics管理画面のリアルタイムレポートを確認し、下記の点が表示されれば確認OKです。

  • 現在のアクティブユーザーがカウントされている
  • アクティブなページ情報に「トラッキングPage名」のリストにあるPage名が表示されている

wp_ga_4.png

 

設定NG例

A:WebPartsの設定はおこなったが、HTMLにトラッキングコードを貼り付けていない

B:HTMLにトラッキングコードを貼り付けたが、WebPartsにトラッキングIDを設定していない

C:WebPartsに設定しているトラッキングIDと、HTMLに貼り付けているトラッキングコードのIDが異なる

D:iframe内にトラッキングコードを貼り付けていない

E:従来のGoogleアナリティクス(ga.js)タグ、またはグローバルサイトタグ(gtag.js)を利用している

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています