Web Parts:CSS(スタイルシート)の利用

Web Partsは埋め込み先のサイトを開くたびに、埋め込みタグ内の「<script type="porters/webparts"></script>」の部分に一時的なHTMLを生成します。

自社独自のCSSを反映させたい場合、Webブラウザの開発者ツール等を利用して生成されたHTMLをご確認頂き、class名等を判断してください。

Web Parts機能内には独自CSSを設定する機能はありません。

また、独自CSSを利用する場合、WebPartsのテンプレートスタイルは「スタイルなし」を選択してください。

 

CSSサンプルを確認する

※記述内容の正当性を保証するものではありません。

※CSSの記述についてのサポートは行っておりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています