項目タイプと特徴

HRBCではカスタマイズによって様々な形式の項目が利用できたり、データ管理のための特殊な項目が存在したりします。

また項目ごとに編集可能か読み取り専用項目にするか設定できるため、ユーザーによっては編集できない項目が存在することもあります。

※一度作成した項目の項目タイプを変更することはできませんので、ご注意ください。

※画像はカスタマイズ画面で表示されるアイコンです。

項目タイプ

アイコン 特徴
システム型

各レコードのIDや、データ登録日、データ登録者などのシステム上必要な項目です。

IDはデータが新規登録されたタイミングでシステムが自動採番します。

また、データ登録日、データ登録者、データ更新日、データ更新者は自動的に日時と操作ユーザーを保存します。

カスタマイズによる項目削除はできません。

参照型

上位階層の項目データを下位階層の画面で参照表示するための項目です。

データを編集したい場合、上位階層の項目を編集する必要があります。

デフォルトで存在する項目は、カスタマイズによる項目削除はできません。

テキスト1行型

かな、アルファベット、数字などの入力が可能ですが、改行は利用できません。インポート時のキー項目として利用可能です。

フリーワード検索対象項目です。大文字小文字、全角半角を区別せずに検索ができます。

スペース区切りで単語を入力することで複数単語検索も可能です。

 

カスタマイズで最大文字数の設定が可能です。

最大文字数:1~256

テキスト複数行型

かな、アルファベット、数字などフリー入力可能、改行も利用可能です。

レポート機能(出力フィールド選択、抽出条件選択)では利用できません。

フリーワード検索対象項目です。大文字小文字、全角半角を区別せずに検索ができます。

スペース区切りで単語を入力することで複数単語検索も可能です。

 

カスタマイズで最大文字数の設定が可能です。

最大文字数:1~9999

項目の高さ:1~99

年月日型

日付を管理したい場合に利用する項目です。時間入力はできません。

入力形式は西暦で「yyyy/mm/dd」として入力します。

日付指定検索の他、「今日」「今月」などの時間軸検索が可能です。

年月日時分型

時間まで含めて日時管理したい場合に利用する項目です。

日付指定検索の他、「今日」「今月」などの時間軸検索が可能です。時間指定検索はできません。

年齢型

生年月日を入力すると、画面表示時に年齢を自動計算して表示します。入力形式は西暦で「yyyy/mm/dd」として入力します。

検索時は、年齢を指定して検索してください。以上、以下の検索が可能です。

数値型

半角数字のみ入力が可能です。

指定の値以上、以下、より大きい、より小さいなどの検索が可能です。

 

カスタマイズで最大値、最小値、小数点以下桁数が設定可能です。

最大値:-9,999,999,999,999~9,999,999,999,999

最小値:-9,999,999,999,999~9,999,999,999,999

小数点以下の桁数:0、1、2から選択 

通貨型

半角数字のみ入力が可能です。

指定の値以上、以下、より大きい、より小さいなどの検索が可能です。

 

カスタマイズで最大値、最小値、小数点以下桁数が設定可能です。

最大値:-9,999,999,999,999~9,999,999,999,999

最小値:-9,999,999,999,999~9,999,999,999,999

小数点以下の桁数:0、1、2から選択 

電話番号型

半角数字と半角の「-」「+」のみ登録が可能です。

新規追加画面から入力する場合、全角で入力しても自動で半角に補正されます。

フリーワード検索を行う場合、「-」なしでの入力が必要です。

 

カスタマイズで最大文字数の設定が可能です。

最大文字数:1~50

URL型

「http」または「https」が入力されていない場合、エラーになります。入力されたURLは一覧、詳細画面上でハイパーリンクになります。

 

カスタマイズで最大文字数の設定が可能です。

最大文字数:1~255

メール型

ドメインが存在しない場合は「正当なメールではありません」というエラーが表示されます。

新規追加画面から入力する場合、全角で入力しても自動で半角に補正されます。


HRBCからのメール送信に使いたい場合、メール型の項目は企業担当者、個人連絡先の階層に作成してください。

画像型

カスタマイズで設定された高さに合わせて縦横幅を自動調整して表示します。検索はできません。

保存した画像をダウンロードすることはできません。

保存可能な拡張子:jpg、jpeg、gif、png、bmp

 

カスタマイズで高さの設定が可能です。

高さ:50~150

選択肢型

チェックボックス形式

選択肢は、2階層まで作成可能です。

チェックボックス形式は、複数選択が可能です。また、一度チェックした選択肢のチェックを外すことも可能です。

選択肢型

ラジオボタン形式

選択肢は、2階層まで作成可能です。

ラジオボタン形式は、単一選択の場合に利用する形式です。一度選択したものを未選択に戻すことはできません。

選択肢型

ドロップダウン形式

選択肢は、2階層まで作成可能です。

ドロップダウン形式は、単一選択という部分はラジオボタン形式を同じですが、選択肢が多数ある場合に利用すると
画面が間延びするのを防ぐことができます。

また、一度何かしらの選択肢を選択した場合でも未選択に戻すことができます。 

選択肢型

サーチボックス形式

選択肢は、2階層まで作成可能です。

サーチボックス形式は、単一選択の形式と複数選択の形式の2種類があります。

大学名など、ドロップダウン形式でも表示しきれないぐらい多数の選択肢がある場合に利用すると便利です。 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
3人中2人がこの記事が役に立ったと言っています