インポートよくあるエラー

インポート時に発生するエラーで、よくあるエラーと対処方法をご確認ください。

同じデータに対して複数のエラーが発生する場合もございますので、ご注意ください。

※[リソース名]には、企業、企業担当者、JOB、個人連絡先、レジュメ、選考プロセス、アクティビティ、売上などの名称が入ります。

 

コード メッセージ 対処方法
5 選択肢の変換設定(マッピング)が正しくありません

HRBCの該当項目の選択肢と、CSVに入力されている選択肢が一致していない場合のエラーです。

文字の半角・全角、不要なスペースが入っていないかなどご確認ください。

尚、詳細設定方法につきましては、インポート詳細設定の「3.選択肢の変換」をご確認ください。

100  IDは半角数値(0-9)のみ有効です

「ID」はHRBCにデータを登録した際に自動で割り振られるIDで、対応文字は半角数値のみです。

CSVデータや詳細設定で、不要なスペースや半角数値以外の文字が入っていないかご確認ください。

尚、ID項目をマッピングしていないのに本エラーが出る場合、システムが判別できないエラーが発生している可能性がございます。

キー項目として設定している項目や、重複データの処理方法の設定を見直してみてください。

100 キー項目が一致する[リソース名]が複数存在するため、インポートできませんでした

キー項目とは、データの独自性を判断するために設定する項目です。

異なるデータで同じ値が存在していると、どのデータに対して処理を行うか判別ができず、エラーが発生します。

 

例)HRBCに「求職 太郎」という同姓同名のデータが既に登録されている場合に、氏名をキー項目にしてインポート

106  数値のみ有効です

数値型項目、通貨型項目に対して、半角数値以外の文字をインポートしようとした場合のエラーです。

CSVデータに半角数値以外が含まれていないか、項目のマッピングが正しいか、詳細設定が正しいかなどをご確認ください。

106  http://、https://、ftp://、file://から始まるURLのみ有効です

URL型の項目に対して、URLとして判別できない文字列をインポートしようとした場合のエラーです。

CSVデータ、項目マッピングをご確認ください。

106 メールアドレスが正しくありません

メールアドレス型の項目は、正しいドメインが入力されているかなどのチェック事項が存在します。

下記の点を再度ご確認の上、必要に応じてデータを修正してください。

  1. 半角英数字で正しく入力されているか
    全角になっている場合は、半角に修正するか、置換設定を行ってください

  2. @以降のドメインが存在しているか
    ドメインが存在しない場合、登録はできません
    正しいアドレスをご確認ください

  3. RFCに準拠したメールアドレスか
    下記のようなメールアドレスは過去に携帯キャリアで取得可能でしたが、2009年以降は「不正なメールアドレス」として一般的にも取得できなくなっています
     ・アドレスの頭が「.(ドット)」から始まる
     ・「.(ドット)」が連続している
     ・@の直前に「.(ドット)」が存在する
106 半角数値(0-9)、半角ハイフン(-)、半角プラス(+)のみ有効です

電話番号型の項目に対して、半角数値、半角ハイフン(-)、半角プラス(+)以外をインポートしようとした場合のエラーです。

CSVデータに不要な文字列が含まれていないか、項目のマッピングが正しいか、詳細設定が正しいかなどをご確認ください。

110 日付/時刻が正しくありません

年月日型、年月日時分型、年齢型項目に対して、不正な形式でインポートしようとしている場合のエラーです。

HRBCでは年月日系のデータは/(スラッシュ)区切りで扱っていますが、CSVデータの形式が異なる場合には、表示形式の詳細設定を行ってからインポートしてください。

設定可能な形式は下記の通りです。

YYYY/MM/DD
YYYY/MM/DD HH:mm
YYYY/MM/DD (HH:mm)
YYYY-MM-DD
YYYY-MM-DD HH:mm
YYYY-MM-DD (HH:mm)
YYYY年MM月DD日
YYYY年MM月DD日 HH:mm
YYYY年MM月DD日 (HH:mm)
YYYYMMDD
YYYYMMDD HH:mm
YYYYMMDD (HH:mm)

116  必須項目です

HRBCでは、どの項目を必須にするかカスタマイズによって変更できます。

必須項目に対して、項目マッピングを行っていない、CSVにデータが入っていない場合のエラーです。

下記いずれかの方法をお試しください。

  1. 該当の必須項目にデータがインポートされるよう、CSVにデータを入力しインポートする

  2. 該当項目の必須を一時的に解除する
    ※システム管理者によるカスタマイズが必要です

  3. インポート時のエラーチェックの設定で「エラーチェックを行わない」を選択する
    ※必須、文字数などを無視してインポートします
116 [リソース名]が存在しないか、[リソース名]項目がインポート先に指定されていないため、キー項目が一致しない[リソース名]レコードを新規レコードとしてインポートできませんでした

HRBCのデータ構造上、下位階層のデータを登録するには、上位階層のデータが登録されている必要がございます。

インポートの場合、キー項目と重複データの処理方法の設定により、既存データに紐づけて登録するか、インポート時に上位階層、下位階層のデータを同時に新規作成することができます。

 

例)レジュメ登録時のエラー

個人連絡先が存在しないか、個人連絡先項目がインポート先に指定されていないため、キー項目が一致しないレジュメレコードを新規レコードとしてインポートできませんでした

・既存の個人連絡先に紐づけてレジュメを新規作成したい場合

 追加で個人連絡先のキー項目となる項目をマッピングしてください

・個人連絡先もレジュメも新規作成したい場合

 追加で個人連絡先の各種項目をマッピングしてください

117

有効値は[値]以上です

有効値は[値]以下です

有効文字数は[値]文字以上です

有効文字数は[値]文字以内です

小数点以下の桁数は[値]桁までです

HRBCでは、各項目に登録できる数値や文字数の上限下限を設定することができます。

各項目で設定されている上限下限に対し、CSVデータの値に過不足がある場合のエラーです。

下記いずれかの方法をお試しください。

  1. 該当項目の設定内容に合わせてCSVのデータを修正する

  2. 該当項目の設定内容を変更する
    ※システム管理者によるカスタマイズが必要です

  3. インポート時のエラーチェックの設定で「エラーチェックを行わない」を選択する
    ※必須、文字数などを無視してインポートします
126 フェーズ(最新)が最新でないため、インポートできませんでした

既にフェーズ、フェーズ日付が登録されているデータに対して、登録済み日付よりも古い日付で更新しようとした場合、または日付を指定せずにフェーズだけを更新しようとした場合に発生するエラーです。

下記いずれかの方法をお試しください

  1. フェーズ、フェーズ日付をインポートしない

  2. CSVデータを、既存のフェーズ日付よりも新しい日付に変更する

  3. フェーズ日付をマッピングしていなかった場合は、マッピングする
301 すでに選考プロセスが登録されています

HRBCでは、JOBとレジュメの組み合わせで選考プロセスを登録し、1つのJOBとレジュメの組み合わせで登録できる選考プロセスデータは1件のみです。

既に存在する組み合わせで選考プロセスを新規追加しようとした場合に発生するエラーです。

既存の選考プロセスデータを上書きしたい場合は、キー項目をマッピングして一致したレコードを上書きするよう設定してください。

この記事は役に立ちましたか?
2人中1人がこの記事が役に立ったと言っています