紹介ー業務シナリオ

新しい機能を活用した、人選業務~進捗管理業務についてご説明致します。

※ 一覧画面のサンプルは、紹介向けサンプルテンプレートをご参照ください。

 

まずは、こちらの動画をご覧いただければと思います。

※ 説明中に出てくる項目名などはサンプルとしてご案内しております。皆様が普段利用している項目名や社内の共通言語に置き換えてお聞きいただければと思います。

 

New List Viewを活用したマッチング業務&選考管理について

 

新機能の一部ご案内

 

 

New List Viewを活用したマッチング業務&選考管理について、以下にスライドでもご説明いたします。

 

エントリーされた求職者対応

a.PNG

ログイン後に表示されますTOPページの検索条件「仮エントリー(未対応)」をクリックし、各種媒体等からエントリーされた求職者の一覧を表示することができます。

検索条件の保存方法についてはこちらをご参照ください。

 

b.PNG

エントリーされてきた求職者を確認し、自社でJOBを紹介することができる求職者だと判断した場合、一覧画面上で、レジュメのフェーズを「仮エントリー」から「エントリー」に更新することをクイックに行うことができます。
もし、過去にエントリーされていた同じ求職者だった場合、マージ機能でデータを統合します。

 

c.PNG

フェーズがエントリーになったレジュメは、検索条件サイバー「私のエントリー」をクリックすると、一覧で「エントリー」のレジュメを確認することができます。
このエントリー一覧のレジュメに対して「コンタクト」が取れた場合、同じく一覧画面上でフェーズを「コンタクト」に更新すると、今度は検索条件「私の面談調整中」にデータが表示されるようになります。

 

 

面談時に紹介するJOBの準備

 

d.PNG

オートマッチングして表示されるマッチング結果は、ブラウザの新しいタブでJOB一覧として表示されます。
実際にマッチングされたJOBを確認していく際に、ソート機能で「優先度」をSが上に来るように並び替えたり、「年収上限」が高い順に並び替えたりすることで、面談時に紹介するJOBを選定することができます。

 

e.PNG

また、JOBとレジュメを見比べたい場合、この様に、今までよりもたくさんデータを一画面で表示されるJOB一覧とレジュメ一覧を同時に表示し、「このレジュメにはどのJOBを紹介しようか」といった具合に見比べてマッチング業務を行うことができます。

 

f.PNG

マッチング結果として表示されたJOB一覧の中から紹介できそうなJOBを選定しましたら、先ほどマッチングしたレジュメのアクションメニュー「選考プロセス追加」をクリックします。

 

g.PNG

選定したJOBのJOB IDを確認して、選考プロセス追加画面のJOBサーチボックスに入力し、JOBを追加します。
選定したJOBとレジュメとの組み合わせのフェーズを「仮マッチング」として選考プロセスを作成します。

 

h.PNG

例えば、いわゆるCA/RAで担当が分かれている分業型の場合。
マッチングして、「仮マッチングで作成した選考プロセスのJOBを求職者の面談時に紹介しますよ。」と、JOBの担当者(営業担当)に共有したい場合、「社内共有」でその旨を記入することで、JOBの担当者(営業担当)にメールでメッセージを共有することができます。
「保存」ボタンをクリックすることで、選考プロセスの作成と、社内共有のメッセージをメールで通知することができます。
「保存してメール送信」をクリックすると、選考プロセスの追加後、求職者にメールを送信するためのメール作成画面が表示されます。

 

i.PNG

仮マッチングで選考プロセスを事前に作成しておくことで、実際に面談するレジュメの詳細画面「サブリスト|選考プロセス」にて、面談する求職者に紹介する予定のJOBを「仮マッチング」の選考プロセスとして確認することができます。

 

j.PNG

また、選考プロセスの検索条件「私の選考プロセス」一覧上で、面談するレジュメタイトルでフィルターをかけることでも、「仮マッチング」のデータを確認することができます。

 

 

JOBの紹介後

 

k.PNG

面談時に求職者から応募承諾をいただいた場合、選考プロセスの一覧画面上で、フェーズを「仮マッチング」から「応募承諾」に簡単に更新することができます。
また、応募承諾をいただけなかった場合は、一覧画面上で「終了フラグ」をつけ、進捗を管理することができます。
リロードボタンをクリックすると、一覧上から、終了フラグをつけた選考プロセスが消えます。

 

 

書類推薦以降

 

27.PNG

求職者から応募承諾をいただけた選考プロセスに関しては、JOBの担当者に対してなるべく早く書類推薦を行う必要があります。
アクションメニュー「メール送信(企業担当者)」をクリックすることで、レジュメの添付ファイル(履歴書/職務経歴書)を添付送信し、書類推薦を行うことができます。

 

28.PNG

また、書類推薦まで進んだレジュメやJOBは、一覧画面上で、▶のアイコンを見ると「②アプライ」まで進んでいることを確認することができます。
クリックすると、サブリストが表示されるので、こちらから選考プロセスを更新したり、終了フラグをつけたりすることが可能です。

選考プロセスのフェーズグループについてはこちらをご参照ください。

 

29.PNG

検索条件「私の選考プロセス」一覧では、選考プロセス日付が3日以上経過しているものをカラー設定することでアラートの役割を担うことができます。
カラー設定に関しては、ソート/フィルターアイコンから、各項目ごとに条件を指定してカラーを設定することができます。

 

30.PNG

書類推薦通過以降も、進捗の管理は選考プロセス一覧で行うことができます。
今までと同じ様に、進捗があった場合に一覧画面上でフェーズを編集して進めることが可能です。
もし面接までいったが不採用になったというような場合は、終了フラグをつけます。

 

 

内定後 売上作成

 

1.PNG

内定まで進んだ選考プロセスは、一覧でフェーズを内定に更新します。
内定に更新した選考プロセスデータの「サブリスト|売上」から売上データを作成することができます。
「決定年収」「紹介料」を入力することで、売上金額や消費税などが計算され、自動で入力されます。

 

2.PNG

もし、入社後当月で退職してしまった場合、「私の売上」一覧上でフェーズをリファンドに更新し、編集画面より、リファンド成約日、退職日、返金率 等を入力します。
売上一覧には、返金合計が表示されます。

 

ここまでが、マッチング業務~進捗管理と、売上の処理までのご説明となります。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています